読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の話とか

日々の記録をしていくだけ

同居人の話とか

人類みな麺類


今日は楽だったので夕飯後みんなで遊んだ。
あと数日で部屋のメンバーがシャッフルされるので全員で。

人狼とか久々にやったし、ワードウルフってのも盛り上がった。

はじめは10人部屋とか絶対嫌だって思ってたけど、一週間一緒に過ごしてたら結構メンバー変わるのは寂しいなって感じになって来た。


次のメンバーがおもんな太郎だったらどうしようか。



おもんな太郎やったら本読んで過ごそ
ハビチカに一応書いてある本を読むが全然達成でにてない

入社式の話とか

長野から東京、東京から長野へ


数時間東京に滞在して入社式をやって1日が終わった。



立食パーティみたいなやつは毎回全然飯食えないのできらいだ。

今回はお偉いさん達の話を聞いて、やらないといけないことやったら終わってた。


肉料理まで辿り着けなかった。

マナーの話とか

マナーを習った。

マナーを教える講師の人は、なんだか社長婦人か?って感じの衣装に高圧な態度でハリーポッターに出て来そうな感じだった。

初手バチギレから始まった講義は受講生のなんやこいつって空気と共に進んでいった。


立食パーティのマナーと箸の使い方、ナイフとフォークの使い方を教わった。


その他色々教わったけど、マナーすげーできてても嫌われてちゃマナーなんて意味ないなって思ったのが一番の気づきかな

そのくらい激烈なばばあだった

作業の話とか

ヨーグルトめっちゃ食べてお腹すっきり


男共が集まって作業しだすとやたらこだわりを詰め込みたがるってことがわかった。

葛飾北斎の波を布に描くという作業だったけど、上の人からの指示が全然なかったから、どないせえっちゅうねんって言いながら半ばやけくそになりながら作業作業。
はじめはくっそ嫌々やってたんだけど、やけくそでやってるうちにだんだん楽しくなってきた。

波の返しの部分が水色で塗り潰されていたので、迫力を出すためにひたすら白色を重ねつつ波っぽさを描き方で表現した。

男が集まって描き方についてあーでもないこーでもないっていいながらやたらこだわりのある波を作ることに成功し、他の人たちがすごく褒めてくれた。

めっちゃ良い感じにできた。


雑な日記だけどもう終わり

研修仲間の話とか

もうだんだん慣れて来て、合宿みたいな感覚になったきたもんで10人の同居人との共同生活も楽しくなって来た。

1ヶ月の研修なので洗濯は絶対にしなければならないのに、ホテルの洗濯機の数は少ないのでなかなか順番が回ってこない。

しかし洗濯物は溜まっていく一方である。

そこで、我が部屋の同居人二人と共に風呂場で手洗いを敢行することに。

シャツは乾かなかった時のリスクが大きいので、パンツと靴下だけ洗う。

洗う人、洗剤を落とす人、絞る人に分かれチームを組みひたすら洗濯物と格闘した。

洗濯物と格闘するということがこんなにも友情を産むのかという程仲が深まったように感じた。

アホみたいに声出してアホみたいな乾かし方をした。

なんだか楽しくなって来た。

挨拶の話とか

挨拶は排泄より大切

野球部になった。とにかく挨拶した。何度も何度も何度も挨拶した。

挨拶し過ぎて喉が痛い。

挨拶をすることが大事だということはわかった。

相手に自分はお前の話ちゃんと聞いてるぞということをアピールするという意味での挨拶や自分の存在をアピールするための挨拶、これをちゃんとしろということなんだろう

多分これはこれから自分のためになること。

他人のためにする挨拶ももちろん大切だけど、それはきっとすぐ身につくし簡単に意識できることだろう。

ただ、今日みたいに極端に声出すっていうのは今日限りなんだろうと思ってる。

だって俺だったらめちゃくちゃうるせえ挨拶を雪崩のようにしてくるやつからモノ買いたいと思わんもん。

うるさくない程度に相手に聞こえるように、そういうのを心掛けよ